ロッテン・トマト88%の高評価!ポーランドの美人監督が描く家族愛/映画『君はひとりじゃない』予告編

ロッテン・トマト88%の高評価!ポーランドの美人監督が描く家族愛/映画『君はひとりじゃない』予告編
▶▶ムビコレのチャンネル登録はこちら▶▶http://goo.gl/ruQ5N7

第65回ベルリン国際映画祭で監督賞となる銀熊賞を受賞し、ポーランドのアカデミー賞であるイーグル賞で主要4部門(作品賞、監督賞、主演男優賞、主演女優賞)を受賞した『BODY』(原題)が『君はひとりじゃない』として公開。

本作はポーランドの俊英女性監督マウゴシュカ・シュモフスカが独創的に描く<再生>の物語。突然、母親を失ったオルガ(ユスティナ・スワラ)とその父(ヤヌシュ・ガヨス)。父と娘の間には埋められない溝ができていた。心を病んでしまった娘を見かねた父親がセラピストのアンナ(マヤ・オスタシェフスカ)の元に通わせる。オルガはそこでリハビリを行っていくが、アンナのセラピーは、普通では考えられない方法だったー。

娘・オルガを演じたユスティナ・スワラはFacebookから見出された新人女優である。
また、監督のマウゴシュカ・シュモフスカはポーランドで傑出した才能を持ち、高く評価を受けている監督だ。彼女はスイスのロカルノ国際映画祭で新人監督賞にあたる銀豹賞を受賞、ベルリン国際映画祭でLGBT作品に送られるテディ賞を受賞、さらにジュリエット・ビノシュを主演に迎えた『ジュリエット・ビノシュ in ラヴァーズ・ダイアリー』は40を超える国で買い付けがされた。シュモフスカ監督の作品が日本劇場公開されるのは本作が初。

世界から注目を集める映画ファン必見の才能を見逃すな!
2017年7月22日公開



コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)